クレジットカードの金利比較!分割払い、リボ払いの金利は?

クレジットカードを作成する時は分割払いで金利や手数料が異なってきますので金利比較して決めた方が良いです。 特にクレジットカードでリボ払いする時の金利と返済期間には注意が必要です。
MENU

クレジットを発行してもらう場合には金利を比較した方が良い

クレジットカード,金利,リボ払い

金利がわずかに違うだけでも、クレジットカードの利息に開きが出ます。
特に利用金額や、返済回数によって、金利の差は利息という形で現れます。

 

本来の利用金額に、どのくらいの金利が加算されるかは重要な問題ですので
クレジットカード選びに大きく影響します。

 

クレジットカードを選ぶ時には、いかに低金利で利用できるクレジットカードを探し出せるかがとても大事になります。

 

低金利で利用できるクレジットカードならば利息は低く抑えられますので、低金利であることは最重要です。

 

カードの利用額を請求される時には、金利が低いカードかどうかがとても大事です。

 

しかし、一概に金利が低いだけでクレジットカードを選択するのは、あまりおすすめできません。

 

クレジットカードの金利以外の選択基準

より使いやすいクレジットカードを見つけるためには、金利が低いこと以外にも確認しておきたいことがあります。

 

クレジットカードを利用した時に使えるサービスが、自分にとって使いやすいものであるかどうかも重視しましょう。

 

サービス内容と金利とをどちらも加味した上で、最も使いやすそうなクレジットカードを選ぶといいでしょう。

 

とはいえ、クレジットカードを使って融資を受けたいという時には、低金利であることが有利な点になります。

 

多種多様なサービスがありますが、低金利で融資が受けられることは重要です。

 

その意味でもクレジットを発行してもらう場合には、金利が低いクレジットカード会社を選ぶ人が多くなるのは当然であると言えます。


クレジットの分割払いで生じる手数料や金利について

クレジットカードは日々の購買活動の利便性を高めてくれるものとして使う人が増加してきています。

 

近年では、財布の中に何枚もクレジットカードを持っている人もいれば、クレジットカード会社の数も多くなっています。

 

クレジットカードはとても便利なものですが分割で支払いをする場合には、
一定額の金利が上乗せされる仕組みになっています。

 

クレジットカードを利用すると利息がかかることは一般的な知識かもしれませんが、
金額についてはよくわかっていない人もいます。

 

何回払いでクレジットカードを利用するか、あらかじめ取り決めてある項目の中からその時々に応じて決められます。

 

この際1回払いは一括払いと同義であり、2回払いについてもほぼ同様の扱いが為されます。

 

クレジットカードの分割手数料

返済を3回以上で払う時には、金利から利息を計算して返済額に足します。

 

分割の回数が多くなると、手数料も多くなります。

 

具体的にどのくらいの金額になるかは、利用料金と、日数と、金利によって決まります。

 

分割払いの手数料とは、お金を支払う時にかかる費用として加算されています。

 

分割する回数によって、返済が何ヶ月か後になります。

 

それを貸付と見なして、金利8%~18%の範囲で手数料が上乗せされます。

 

カード決済によって購入したサービス代価の一部として手数利用は請求されるのが、クレジットカードの特徴です。

 

クレジットカード会社側で、手数料や金利を算出をした上で各分割の支払いに費用の負担がされるようになっています。

クレジットカードのリボ払いは金利と返済期間に注意

クレジットカードをリボ払いで使うとどうなるのか、あまりわからないという人がいます。

 

決済時に便利に使えるクレジットカードは、ポイントサービスなどがあって
、年会費のかからないものもあり、多くの人が利用しています。

 

けれども、リボ払いの使い方によっては、返済の負担が大きくなることがありますので十分に考えて決めましょう。

 

もしもリボ払いをするならば、金利と、完済までかかる回数を確認しておきましょう。

 

リボ払いの詳細

クレジットカードで支払いをした場合、どんな方法で返済をしていくかという方法の一つにリボ払いがあります。

 

クレジットカードを利用した時の1ヶ月あたりの返済金額を一定にして、その分返済期間を長くするという返済方法です。

 

リボ払いは、想定外の返済金になる心配はないものの、本来ならば返すべき金額を繰り延べにしているだけともいえるでしょう。

 

 

リボ払いは、分割で返済している間中、やや高めの金利がつくというデメリットもあります。

 

高額のカード決済をしていると、完済までにかかる期間が必然的に長くなり、利息も高額になるという特色があります。

 

何ヶ月間も返済を続けても返済が終わらないことから、滞納する人も多いと言われています。

 

クレジットカードを持っていても、そもそも使わないようにするか、
金利がつかないカードの使い方に限定すれば、返済トラブルを回避しやすくなります。

 

特にリボ払いの場合には、毎月の返済限度額以下でクレジットカードを利用しますと、
一括返済と同じで金利が掛からないので、おすすめの利用方法です。

 

[クレジットカードの金利比較]関連情報

このページの先頭へ